卵

 

太陽光発電は太陽の光エネルギーを使用して電気を作ります。最近は屋根の上に太陽光を当てるためのパネルが設置されているのを見かけるという方も多くおられるのではないでしょうか。自然エネルギーで発電しますので環境にもやさしく、ご家庭の電気代にも優しいということで大きな注目を集めています。

ですが、太陽光発電には弱点があります。
それは、当然ではありますが太陽光が当たらなければ発電をしてくれない、というところです。

例えばお隣にはえている大きな木の影になってしまう時間がある、という場合、その木の影になってパネルに日光が当たっていない時間は発電能力は弱まってしまっています。

天候も大きな影響を及ぼします。例えば雨の日や曇りの日はやはり発電能力が大幅に下がってしまいます。

そこで、宇宙での太陽光発電が注目されています。設置方法や設置技術によっては常に日光を浴びて発電を続け、作られた電気を地球へ送って活用するという方法です。

太陽光発電なので環境にも優しく、常に日光が当たる環境なので非常に効率的に発電することが可能です。地球へ作られた電気を地球へ送るのにどのような方法を使用するのか、といった技術的な問題もありますが、この発電方法は異常気象が増えてきた地球環境にも優しい発電方法です。

技術的なハードルもありますが1日でも早く実用化されて欲しい発電方法ですね。