宇宙太陽光発電は脱原発を実現させるか?

| 未分類 |

日本の原発事故を受けて原子力発電の安全神話が崩壊したと言っても過言ではなく、世界中が脱原発の方向で動き出しました。ヨーロッパは環境問題において先進的な国なので、ドイツでは世界に先駆けて太陽光発電を推進し、原子力発電をゼロにしてきた実績があります。ただ、完全な原子力発電からの魚介02脱却もそこに落とし穴があることが徐々に明らかになってきました。まず、ドイツでは太陽光発電の推進によって中国産のソーラーパネルが市場の価格破壊を行ったために逆に環境破壊が進んでしまいました。更に、国や発電所が電力を買い取らなくなったことから電力料金の価格高騰が怒ってしまいました。この傾向は現在我が国が直面している問題でもあり、電力料金の口頭によって家系を圧迫し続けています。ただ、太陽光発電はこれから太陽光をさらに効率的に実用化する上で必要な家庭であることが考えられます。現在、国は予算を投じてさらに効率的に太陽光を集光するシステムが開発されています。宇宙のほうが太陽に対する距離が近いことから、地上からではなく宇宙空間から太陽光を集光するシステムを国を上げて開発中であります。現在、我が国ではその分野において世界をリードしています。