太陽光発電は、様々な分野や場所で活用されているシステムと言えます。
これは、宇宙で太陽光発電がおこなわれている事からも、このようなことが言えます。

衛星にソーラーパネルを設置することで太陽光発電を可能にするわけですが、宇宙には幾つかのメリットと言うものが在ります。
地球上で太陽光発電を行う事が出来るのは、1日のうち約2分の1ほどの時間になります。
これは太陽の光が照射される時間を考えた場合、実際には2分の1よりも少なくなりますし、雨の時などは発電を行う事が出来ないわけです。

蟹その点、宇宙には大気による影響が有りませんし、軌道を修正することで常に太陽の光を照射することが可能になりますので、発電は常に可能という事になるのです。

しかしながら、宇宙で発電した電力をどのようにして地球に届けるのかです。
これはマイクロ波やレーザー光を利用してエネルギーの変換を行うのです。
地上に届いた変換されたエネルギーは再び電力に戻し、地球上で利用することが可能になるのです。

宇宙から送られてくる電波を受信するための設備でその変換を行い電気を変えるのですが、受信設備以外の地点にエネルギーの照射があると、軍事転用および誤射と言うリスクがあると言われています。