宇宙で太陽光発電するしくみ

| 未分類 |

住宅の屋根にソーラーパネルを設置することで、自宅でも電気を作り出せると言う太陽光発電は、助成金などにより導入がしやすくなっているわけですが、元々太陽光発電のソーラーパネルと言うのは宇宙での発電のために開発が行われていたものだと言います。

宇宙には様々な衛星があるわけですが、長い期間研究などを行うためには電力が必要になりますので、衛星にソーラーパネルを設置し、電力を作りだし、衛星の中で利用する電力として使ったり、地上との交信のための電力として利用しているのだと言います。
また、衛星で発電した電力を地上で受け取り、地上で電力を利用するのだと言います。

料理01宇宙での発電と言うものは、地上とは異なる部分が多くあると言います。
まず、宇宙空間の中では太陽の光は常に一定量が期待することが出来ます。
地上の場合は、日中のみしか発電することが出来ませんし、気象にも大きく影響を受けることになります。
また、宇宙には大気における影響が有りませんし、衛星の軌道により太陽の光を常に受け、発電を可能にしてくれるのです。

しかしながら、宇宙では電力を送電するためには電線を利用することが出来ませんので、発電した電気エネルギーと言うものを、マイクロ波やレーザー光に変換をして送電するのです。
但し、これを地上で受け取るためには、送られてきたレーザー光などを再び電力に変換する必要があるのです。