宇宙で太陽光発電するメリット

| 未分類 |

料理03

 

宇宙で太陽光発電をするという話が最近ニュースになっています。これはどのような技術でどのようなメリットがあるのでしょうか。

宇宙で太陽光発電をするというのは、ソーラーパネルを宇宙にて展開し、発電した電気を地上に届けるという技術になります。
宇宙から地球まで電線を引くわけにはいきません。簡単にまとめると、発電した光・を地上の受電施設にむけて再照射し、
地上側でもう一度発電をして発電するシステムになります。10年前までは夢の技術として注目されましたが、今では実用化が近づいています。

メリットは、まず発電量が多いことです。地球上で太陽光発電をするより、宇宙で発電するほうが光をさえぎるものがありません。
地球上では空気の層が光を反射してしまうため、地球に届くまでに光はわずかになってしまいます。一方宇宙は空気がないため、
同じソーラーパネルでも非常に効率よく発電をすることができます。

そして、環境汚染を防げることです。もちろん化石燃料を燃やして出るような大気汚染や原発の汚染などの環境汚染は発生しません。
仕組みは地上の太陽光発電と同じですので、クリーンエネルギーといえます。

このような宇宙での太陽光発電が実用化される日が来たら、エネルギー問題の解決に大きく前進するでしょう。